【車】スクーデリア・トロ・ロッソ

F1の最年少優勝記録を塗り替えたスクーデリア・トロ・ロッソとベッテル。

最も、私はあまりF1に詳しくなくて、レッドブルといえばもっぱらWRCで活躍しているセバスチャン・ローブのシトロエンでスポンサーやってる話とか、シュコダ・レッドブルとかの話しか知らなかった(笑)。とはいえ、この飲料メーカーがやってるレーシングチームの方針は明確で、若手発掘プロジェクトで若手を発掘し、物になりそうならトップチームに昇格させるというもの。WRCもこの方針にのっとって欧州各地のローカルラリーでスポンサードして若手を発掘しているし、来期は2チーム体制になるんじゃないかとも言われている。

で、トロ・ロッソってレッドブルレーシングのセカンドチームで、レッドブルの若手発掘プロジェクトで芽の出た若いレーシングドライバーを走らせるためのチーム。だから、モノになりそうなベッテルが来年レッドブルレーシングに昇格するので、現在来シーズンに向けてドライバー探しをやっている。

ここで、現在F1浪人中の佐藤琢磨氏とセバスチャン・ブエミの2名が呼ばれて、ブミエが今日、佐藤氏が明日走るわけだけど、本当に世間で言っているように佐藤氏が来年トロ・ロッソでステアリングを握る可能性ってあるんだろうか。レッドブルの体制からも明らかなように、トロ・ロッソって若手発掘のセカンドステージなわけだから、レッドブルの方針には明らかに反している。最も、共同オーナーのゲルハルト・ベルガー氏が「トロ・ロッソのドライバーは、若手とベテランの組み合わせが良い」といっているので、若手はレッドブルの生え抜き、ベテランはベルガー氏の好みのドライバーという組み合わせになるんだろうか。

答えはシーズン終了まで持ち越されそうだけど、佐藤氏がトロ・ロッソで走れることを祈っている。願ってはいるが、あのカラーリングの趣味の悪さだけは勘弁して欲しいところだw。

| | コメント (0)