« 【旅】和歌山の旅2日目(1)「料理萬口(1)」 | トップページ | 【酒】1+1(かわい酒店さん) »

【酒】山形三題(ワラヤさん)

なじみというには程遠いですが、山形に行った際には必ず寄るようになったワラヤさん。今回も、若旦那(というほどは若くないかも)の秘蔵のケースから下記2点を出していただきました。

【酒】山形三題(ワラヤさん)
楯野川の大吟醸、協会出展用のタンクから小分けしたものです。香り華やかにして控えめ。飲み口の旨味はしっかりあるが、後味が淡白で少々辛め。何かに合わせる酒でなく、これ単品でしんみりと飲む酒。

【酒】山形三題(ワラヤさん)
8年の時を経てなお香る吟醸香。鮮やかなキレにして、上手く枯れた旨味の芯がある。酒飲みには今が旬。日本酒をあまり知らない人には14年の際の新酒がとても爽やかであったと思われる。いや、さすがワラヤの若旦那。
(追伸)少し置くと味が整って来て、大変美味しい酒になりました。

【酒】山形三題(ワラヤさん)
さすが出羽桜www。相変わらず隙がねーよな、この酒蔵。相方が山形に住んでいた10年前から、今時の旨味のしっかり出る酒を醸していたんだよな。出羽桜吟醸香+しっかり旨味+雄町の力強さ。もう、ここしかないってお酒で新鮮味がまるでありません(爆)。いや、スゴいことなんですよ。而今とか十四代とか磯自慢とか飲むと思うんですが、こういうことがきちきちっと出来る酒蔵って強いですよね。

|

« 【旅】和歌山の旅2日目(1)「料理萬口(1)」 | トップページ | 【酒】1+1(かわい酒店さん) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【旅】和歌山の旅2日目(1)「料理萬口(1)」 | トップページ | 【酒】1+1(かわい酒店さん) »