« 2009年9月 | トップページ | 2011年9月 »

2010年5月

【酒】1+1(かわい酒店さん)

引っ越してからお付き合いしている近所の酒屋「かわい酒店」さん。色々と旦那さんと話しているけど、造詣も深いしフットワークも軽い。色々と勉強させて貰ってます。

【酒】1+1(かわい酒店さん)
すみません、ちょっと写真がぼけてますね。その旦那さんイチ押しの「志太泉 純米生原酒」です。最近、訪れている見込み客様のある藤枝市の酒蔵でなんかうれしいw。
純米生原酒を自分で買うのは久々だったけど、これがなまら旨い。飲み口の張りとコク、口の中の充実した存在感、そして後味の爽やかなキレと余韻。いや全くの伏兵(失礼)でした。旦那さんすごい。

【酒】1+1(かわい酒店さん)
こちらは、ワラヤさんの話をしているうちに盛り上がって出して下さった3BY(!)の雪雀 大吟醸。なんでも、かわいさんのお客様の冷蔵庫に眠っていたのを貰い受けたそうで、半分空いていたのを、更に私が頂きました(嬉)。香りは随分と古酒になっていましたが、ひねてはいない。味は分厚く濃厚ですが、しつこくないし後味もいい。特に張りと押しの強さは一級品で、唐揚げとか焼き鳥のお供にしても全く負けないし、かといって争いもしない。いやいや、貴重なお酒をありがとうございます>かわいさん。

| | コメント (0)

【酒】山形三題(ワラヤさん)

なじみというには程遠いですが、山形に行った際には必ず寄るようになったワラヤさん。今回も、若旦那(というほどは若くないかも)の秘蔵のケースから下記2点を出していただきました。

【酒】山形三題(ワラヤさん)
楯野川の大吟醸、協会出展用のタンクから小分けしたものです。香り華やかにして控えめ。飲み口の旨味はしっかりあるが、後味が淡白で少々辛め。何かに合わせる酒でなく、これ単品でしんみりと飲む酒。

【酒】山形三題(ワラヤさん)
8年の時を経てなお香る吟醸香。鮮やかなキレにして、上手く枯れた旨味の芯がある。酒飲みには今が旬。日本酒をあまり知らない人には14年の際の新酒がとても爽やかであったと思われる。いや、さすがワラヤの若旦那。
(追伸)少し置くと味が整って来て、大変美味しい酒になりました。

【酒】山形三題(ワラヤさん)
さすが出羽桜www。相変わらず隙がねーよな、この酒蔵。相方が山形に住んでいた10年前から、今時の旨味のしっかり出る酒を醸していたんだよな。出羽桜吟醸香+しっかり旨味+雄町の力強さ。もう、ここしかないってお酒で新鮮味がまるでありません(爆)。いや、スゴいことなんですよ。而今とか十四代とか磯自慢とか飲むと思うんですが、こういうことがきちきちっと出来る酒蔵って強いですよね。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2011年9月 »