« 【酒】福島県産酒を楽しむ夕べ (7)「雪小町」 | トップページ | 【酒】福島県産酒を楽しむ夕べ (5)「喜多の華」 »

【酒】福島県産酒を楽しむ夕べ (6)「京の華」

会津若松市の合資会社辰泉酒造の幻の米「京の華」を原料とした純米大吟醸。詳しくは辰泉さんのHPを見て下さい。

http://tatsuizumi.co.jp/kyonohana/kyonohana.html

【酒】福島県産酒を楽しむ夕べ(6)
京の華のラベル。「幻の米」と大きく謳っていますが、私はあんまりこういう表ラベルが好きではありません。

【酒】福島県産酒を楽しむ夕べ(6)
精米歩合50%で大吟醸ぎりぎりの磨き方です。元々、HPの解説にもあるように、かなりしっかりとしたお酒になる酒米のようで、純米大吟醸にしては非常にしっかり・どっしりしており、あまり一般向けしないように思えました。

【酒】福島県産酒を楽しむ夕べ(6)
こちらは試飲会参加者に出されるつまみの一部です。参加者から「もっと量を」とか「おなかにたまるもの」みたいなリクエストが出されていましたが、おなか一杯になっては酒の味が分からなくなるので、私はむしろ出される食べ物は多いぐらいに思えました。

|

« 【酒】福島県産酒を楽しむ夕べ (7)「雪小町」 | トップページ | 【酒】福島県産酒を楽しむ夕べ (5)「喜多の華」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【酒】福島県産酒を楽しむ夕べ (7)「雪小町」 | トップページ | 【酒】福島県産酒を楽しむ夕べ (5)「喜多の華」 »